18V最強スペックインパクトドライバー決定戦!6社徹底比較!!

~俺腰アワード~18V最強スペックインパクトドライバー決定ランキング

前ページで10部門に分けてランキングしましたが総合判定では各部門で1位をとったモデルに10ポイント2位に9ポイントとし総合計が多いモデルがランキング1位になります。
1位=10P・2位=9P・3位=8P・4位=7P・5位=6P・6位=5P

メーカー RYOBI 日立工機 マキタ Panasonic BOSCH MAX
モデル名
WH18DDL2
-2LYPK
BID-10XR
TD170DRGX
EZ75A7
-LJ2G(5Ah)
GDR18V-EC6
PJ-ID151
-B2C(5Ah)
小売希望価格 4位 5位 3位 2位 1位 6位
ネット通販 2位 6位 3位 4位 1位 5位
パワー 2位 1位 3位 6位 4位 5位
重量 3位T 1位T 1位T 6位 5位 3位T
サイズ 5位 1位 3位 4位 6位 2位
充電時間 1位 2位 3位 4位 6位 5位
LED 5位T 1位T 4位 5位T 1位T 3位
モード数 3位T 2位 1位 3位T 5位T 5位T
バッテリ汎用性 2位T 6位 5位 1位 2位T 4位
カラバリ 1位 4位T 2位 3位 6位 4位T
メーカー 日立工機 RYOBI マキタ Panasonic BOSCH MAX
モデル名
WH18DDL2
-2LYPK
BID-10XR
TD170DRGX
EZ75A7
-LJ2G(5Ah)
GDR18V-EC6
PJ-ID151
-B2C(5Ah)
総ポイント 76P 76P 75P 68P 67P 59P
総合ランキング 同率1位 同率1位 3位 4位 5位 6位

ご覧の結果となりました。ある意味驚きです。
HITACHIの1位は納得ですが、失礼ながらこれまでのリョービのイメージからすると驚きの同率1位でございました。
以下、各順位と各モデルのまとめになります。

俺腰アワード18V最強スペックインパクトドライバー決定ランキング

第1位 日立工機 WH18DDL2-2LYPK

やはり第一位でしたね。HITACHIの18Vインパクトは以前からスペックだけでなく使用での評判も高いですからね。
比較してみてわかったことは多くの部門で上位に食い込んでいる事です、平均以上のスペックですばらしいモデルです。
本体ではトリプルハンマ構造で振動も軽減され、充電時間も30分とかなり短くケースもコンパクトながらかなりの収納力を誇り
圧倒的な実用性があるほか、カラーバリエーションでも多彩な展開がされているのもうれしいポイントです。
ただサイズの部分で、やや見劣りがするので改善が見込まれます。

 

第1位 RYOBI BID-10XR

RYOBIさんやりましたね。
2017年4月に販売開始されたRYOBIのBID-10XRについてですが、これまでのリョービスタイルとは一線を画す、
いい意味でリョービっぽくないフォルムデザインだなと感じる方も多いでしょう。
そう、今回のモデルに関しては「イタリア人以外で初めてフェラーリをデザインした男」として有名な
工業デザイナーのケン・オクヤマこと奥山清行が手がけられたモデルです。
ケン・オクヤマ氏はGM、ポルシェ、マセラティをはじめとするカーデザインから新幹線から腕時計まで
様々なデザイン分野で活躍されている超一流デザイナーなんです。今回のRYOBIデザインが素敵なのも納得できます。
スペックも申し分なく各部門別に見ても1位を最多で獲得しているのです。
他工具全体で比較をするとHITACHI・マキタ・パナソニック等にはまだまだラインナップも及びませんが
XRシリーズで他の工具のラインナップも充実されることで飛躍が見込めるのではないかと思います。
単体で見るとRYOBIのBID-10XRは大変おススメできます。

第3位 マキタ TD170DRGX

販売台数で言うと他の追随を許さないでしょう。
ブランド力もあり、マキタは他の工具に関しても高レベルでの作業を体感できるものが多いです。
電動工具は全てマキタという職人さんは珍しくなく安定、安心、信頼のマキタというところでしょう。
TD170DRGXに関しては楽らくモードは現場での使用感を試してみたいところです。

 

第4位 パナソニック EZ75A7-LJ2G(5Ah)

俺腰的には他のモデルと比較しやすい6Ahのバッテリモデルを出していただきたいところですが、バッテリの汎用性など
さすがパナソニックと思わせる部分も多く、今後の展開に期待をしたいと思います。

 

第5位 BOSCH GDR18V-EC6

価格や、バッテリの汎用性は他を凌ぐポイントですが、カラーバリエーションなどまだまだ小技の部分でファンを獲得でき居ない部分もあると思います。
他電動工具も優良な機種も多いだけに今後の幅広い展開の仕方に期待です。

 

第6位 MAX PJ-ID151-B2C(5Ah)

ヘッドサイズやLEDの部分では健闘が見られましたが、価格面やデザイン性が今ひとつなのかもしれません。
「瞬」というモデル名も今ひとつ浸透しませんでしたが、たくさん改善の余地が見られ今後の動向にも注目していきたいと思います。

 

この記事を読んで6機種のうち、どの機種が良いと思われましたか?
 

俺腰総評

やはり、国内メーカーは強かったというのが一言でいう感想でしょう。
やはり今回注目したのはRYOBIの躍進です。
底力というのでしょうか、高いポテンシャルを感じさせ、大きく舵を切られたなという印象です。
マキタ、日立に関しては常々すばらしい機種を揃えていますし次はどんなモデルが出るのかと毎回楽しみにしています。
現場での資材や環境が目まぐるしく変化し電動工具も新機能の付いたモデルが続々とデビューする中で、
たまに現れる革新モデルが出てくることをまた期待したいと思います。
最後までご覧いただきありがとうございました。

俺腰

あなたの現在の体型別に有名人をリストアップ

現在のあなたの体型別に近い肉体をお持ちの有名人をリストアップしてみました。
参考にして体型別イイカラダを手に入れてください!

俺腰流!マッチョ職人を目指せ!!おススメサプリ・プロテインランキング2017!!!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

シェアを宜しくお願いします^ ^

2 件のコメント

    • 俺の腰袋をご覧いただき誠にありがとうございます。
      おっしゃるとおりでございますので、今後も出来る限り使用感を公開できればと考えております。
      今後とも宜しくお願い申し上げます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA