純正ではなく互換バッテリーって実際どうなの?マキタ18V編

まずは互換バッテリーのデメリットを知ろう

もちろん純正品が1番良い製品だという事はお分かり頂けると思いますが、お財布事情もあってどうしても手が出ない、という方や、使用頻度も少ないから互換バッテリーで十分という方もいらっしゃるでしょう。
俺腰もHITACHI、パナソニック、マキタの3大メーカーの電動工具を持っていますが、以前互換バッテリーにも手を出したことはございます。

ネットで互換バッテリーと検索すると『互換バッテリー 信頼性』というワードが出てきます。
この検索をされた方は互換バッテリーを購入検討されるている方だと思いますが、店頭では互換バッテリーは販売していません、メーカーから見ても余計なバッテリーなのでしょう。互換バッテリーを使って故障したといわれてもはっきり言ってどうすることもできません。もちろんメーカーは純正バッテリーしか使うなというわけです。
もちろんそうでしょう、当たり前の話でしょう。

しかし実際の現場にはあらゆる種類の互換バッテリーに出会います。その中で互換バッテリーにもいわゆる「アタリ」と「ハズレ」があると思います。故障、もしくは、寿命を迎えた純正バッテリーを送って中身の充電池を入れ替える再生バッテリー、単純に純正と同じような見た目の互換バッテリーなど様々な種類が出回っています。

アタリと呼んでいいのかはさておき、問題なく使用できていると思われる互換バッテリーでも、実はジワジワと電動工具や充電器にダメージを与えているかもしれません。互換バッテリーでも1年間保証付きなんていう商品もありますが、あくまで互換バッテリーに対する保障なので、互換バッテリーを使用したことで電動工具本体が故障しても保証はされません。そこまで悩む方は絶対に純正品をお使いください。
とにかく安くないとダメなんだという方のみ自己責任で互換バッテリーをトライするのはいいとは思いますがそれで壊れてもメーカーさんに文句は言っちゃだめですよ。

パワーの必要な工具には不向き

まずインパクトドライバー等、パワーの必要な工具には互換バッテリーはお勧めできません、互換バッテリーだとパワーが足りないというのはよく聞く話でもあります。
特にこの18Vは14.4Vまでの製品とは違いパワーが必要な工具ということで皆さん18Vをチョイスされているわけだと思いますので、出来る限りは純正品の18Vをお使いいただきたいところです。

俺腰は昔TOSHIBAのCWBL-144VAという古いインパクトを所有していましたが、廃盤モデルになっていてバッテリーも廃盤というタイミングで互換バッテリーに出会ったわけです、リサイクルバッテリーのサイトには「お客様がお持ちの劣化したバッテリーパックを回収し、内部の電池のみを新品に交換してご返却するサービスです。」という紹介でした。
「バッテリーパックを回収してからご返却までの納期目安は約10日となります。」という表記で価格はバッテリー1個に付き8,000円程度だったと思います。もうこれしかない状況だったわけですがそれから3年4年と経ちますが、私自身がメインで使っているわけではありませんが、今のところ問題なく使っているというのが現状です。

では実際、互換バッテリーってどんなモノなの、何が違うのという方のために、やっぱり凄いマニアックな人がいて互換バッテリーを分解して調べてくれているわけです。

例えばマキタの純正品を分解してみると電池に関しては一流メーカーのソニー製を使っていたりするわけですが、かたや互換バッテリーはLG製だったりするのです。LG製がどうという事は無いのですが、ソニーとLG製同じ値段ならどちらを選ぶでしょうと言うところに信頼性があるわけです。ほかの違いは、基盤がより複雑な感じであるのが純正で簡素化されているのが互換バッテリーの中身の様子です。
だからどうというわけではありません。いいとも悪いとも言えませんが背に腹は代えられない方もたくさんいる中で互換バッテリーも大切な選択肢のひとつなのです。

そこで今回は数ある互換バッテリーを販売するショップの中から口コミやレビューをもとにまあ大丈夫だろうと思える商品を紹介したいと思います。
でもまずはマキタの純正を紹介しておきます。
店頭で買うよりも安いとは思いますのでまずはこちらをメインで検討してください。
ただマキタでも並行輸入品なるものも出回っていますのでそちらも要チェックでございます。

マキタ純正品 18Vバッテリー6.0ah BL1860

最近のバッテリーにはバッテリーの電池残量の表示インジケータがついていますね。
今までは工具に装着して確かめないといけなかったですが、これはありがたい機能です。
やはり純正品定価はお高く見えますが、ネット通販では割と安く手に入るのでまずはこれをおすすめします。

こちらは18Vタイプで容量も6.0Ahの最高スペックの純正バッテリーです。

定価23,200円

ネット通販価格
14,000円~(2017年9月)
↓↓↓↓↓↓
12,900円~(2018年9月)
↓↓↓↓↓↓
12,500円~(2019年8月)

マキタ リチウムイオンバッテリBL1860B  18V 6.0Ah A-60464正規品・箱付

マキタ純正品 18Vバッテリー3.0ah BL1830B

こちらもマキタ純正品の18V3.0ahタイプ
定価18,000円(税抜)

ネット通販価格
12,000円~(2017年9月)
↓↓↓↓↓↓
8,500円~(2018年9月)
↓↓↓↓↓↓
10,000円~(2019年8月)

2018年一度、実勢価格は安くなりましたが2019年に少し値が上がってしまいましたね。

マキタ リチウムイオンバッテリBL1830B  18V 3.0Ah A-60442正規品・箱付

マキタ純正品 18V 5.0ah 並行輸入品

電池残量がワンタッチで確認できる便利なインジケーター付き

並行輸入品ですので一応、マキタの純正ですがメーカーからの保証も受けられません。
そして1年前は国内の純正品に比べ安かったので、ピックアップしましたが正規純正品と値段も変わらないのでこの選択肢は消していいと思います。

ネット通販価格
10,500円~(2017年9月)
↓↓↓↓↓↓
8,900円~(2018年9月)

18V 6.0 1個or2個or4個セット 1年保証付き レビューもそこそこ互換バッテリー

1年保証付きでレビューも高い互換バッテリー

ネット通販価格
個数も選べて複数個ならさらにお得なようです。
1個 3,500円~(2019年3月)
2個セット 6,999円~(2019年3月)
4個セット 12,589円~(2019年3月)

脱着が少し硬いという話しですが問題なく使えているという方が非常に多い互換バッテリー

正直おすすめはしませんが買うなら選りすぐりのものがいいでしょう。

シェアを宜しくお願いします^ ^

10 件のコメント

  • 安いガソリンスタンドや100均、あからさまな中国製品(既に世界中、衣食住、中国製品ばかりだが)は信用ならんと自分で見極められないから余計にお金払って安心してるだけじゃないの?
    とりあえず何かあったら文句言えるトコが欲しいんだろうね、

  • 互換バッテリー使ったことがありますが、蓋の接着が甘くて中に入ってるバッテリーが出てきたり、接触不良を起こしたり、充電エラーになったりするので捨てました(笑) 天井とか高い場所で作業する人は危ないので辞めた方がいい

    • 私もBL1440の互換電池を2個入手しました。日本製のセルのものですが、短期間で故障しました。2個とも充電しようとすると冷却中のままで充電しない状態になりました。セルは日本製でも制御回路に安価なものを使用していれば使えなくなります。今回は2個とも内部のサーミスタの異常と思われますが、使えればラッキーくらいの考え方がないとリスクはあると思います。

  • 外壁補修屋です。
    互換バッテリー18vを10個程度購入し
    純正バッテリーと同様に1年使用した感想ですが
    結果的には、純正バッテリーをオススメします。
    互換は早い段階で10個中4つ充電不可になりました。純正バッテリーは今も全て正常に使用出来ます。
    使用環境もありますがうちは比較的ハードな使い回しですのでこの様な結果になったものと思われます。
    作業効率はやはりバッテリー持ちが良いのは純正バッテリーです。
    前日に同じように充電をしておいても互換は減っている印象を受けます。

    DIYなどで使用する場合は安価な互換でも充分な感想ですが、仕事や作業効率を重視する環境なら純正バッテリーをオススメします。

    • はじめまして、もうじきが遅いですが…
      安物バッテリーまとめ買いして懲りてます。
      充電後すぐに使えない、充電すらできない…現象が起きて、
      仕方ないので分解しました。
      やっぱり数個セルがダメになってました。
      電動自転車のジャンクバッテリー(パナソニック製)がたくさんあったので、
      3Aモノをパラレルにしました。
      はじめのうちはハンダ付けしてたんですが、ケースに収まりが悪く、
      今はスポット好かってます。
      修理の要領が分かったので、
      安ダメバッテリー買って、セル交換しようと思ってます。

      • ご購読ありがとうございます。
        補修屋さんは、修理ができたりとかなりの知識をお持ちの方ですね。
        普通、修理なんてできないですよ~w

    • 購読&コメント、ありがとうございます。
      確かに放電は純正に比べて数値が大きいですね!
      まあやはり純正が一番ですね!!

  • 純正バラすとリチウムとリチウムの間にプラスチックの四角いズレ止めがちゃんとある。互換品は無かった。互換品5種、10個ほど使ってますが、当たり引けば1年以上使用可、ハズレで半年〜1年程度。夏場は熱で故障しやすいかな?今年の夏一番暑い時に一週間で6ah2個充電不可になりました。バラしたら、リチウムセルが一個だけ充電すると発熱。インパクトに付けたまま電池で叩くとこうなります。
    コストとしては3,500/個ですので半年使い捨てって感覚で使ってます。
    充電工具の種類が増えて、純正買ってたらいくらあっても足りませんので互換ばっかり買ってる感じですね

  • 一年保証は大概は数か月で売るだけ売って会社名を変えて販売してませんかね。
    容量も偽装してるし、2個セットなら一個は返品や検品外れを混ぜて売ってるような気がする
    不良品で返品や返金を伝えるとお詫びとして不良品はそのままお使いくださいと新しいものを送ってくるので
    2個6000円だけど3個6000円になったりもするんでお得かな
    そういう会社に限って利益のあるうちは不良品の対応がいい、出来るだけ多く売りさばきたいから。
    1年以上販売し続けてる会社なら互換バッテリーを検品して合格のバッテリーを販売してると思う
    いままで多く互換バッテリーを買ってきた感想

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA